楽天VTIを買いました

ウォール街のランダムウォーカー、敗者のゲーム、バフェット等が推奨しているSP500。
つい最近まではi-mizuho米国株インデックスしかありませんでした。
しかし、昨年あたりからi-free 米国株インデックスや楽天VTIが登場しました。
SP500を買ってみたいと思いながらも選択肢のすくなさに悩みました。
その結果
i-mizuho米国株をちょっと買ってみる。→売る→i-free米国株規を買ってみる
→SP500より組み込み銘柄が多いインデックスが欲しい!
→VTI 米国株2~3000銘柄組み込み!?いいじゃん!
→i-free SP500売った・楽天VTI買った!(今ココ!)

スポンサーリンク




しかも経費率、純資産額が違います。(5/10現在)
①i-mizuho米国株
 経費率 0.405%
 純資産額 27.15億円
②i-free米国株
 経費率 0.243%
 純資産額 44.41億円
③楽天VTI
 経費率・・・0.1696%
 純資産額VTI・・・108.67億円
楽天VTIを買おうと思ったときに悩んだのが楽天VTです。
楽天VTは世界中の優良企業を組み入れたものです。
米国株が半分以上占めているのでどちらでもいいかなと思っていたんですが、色々なブログを読んでいるとVTIの方がリターンが高いことが判明しました。
しかも、2月からNYが急落し、ボラリティが高まると米国株以上に下落しているというデータも見受けられました。
また、米国株自体が世界中で商売をしている会社、またそれぞれの業界でトップを走っている会社が多いので米国株で十分だと思いました。
VTIVTSP500.jpg
us yahoo financeより VTI・VT・SP500の比較を行いました。
黄色のチャートのVTIと青のチャートのVTではリターンが全く違います。
しかもS&P500よりも若干リターンが高いです。
これはS&P500で拾いきれない成長企業も取り込んでいるからなのかなと思います。
これを見て先月から楽天VTIを毎日1000円ずつ積み立てています。
今のところリターンは+3%位ですね。
とりあえず種銭が続くまでは毎日買ってみようと思います。

スポンサーリンク




コメント

タイトルとURLをコピーしました