米海軍のNWU ECWCSパーカーは優れもの

ECWCS GORE TEX パーカー
スポンサーリンク

よく古着屋やネット等で言われる米軍のゴアテックスパーカーについて紹介したいと思います。

古着屋なんかに行くとゴアテックスパーカーという名前で売られています。

ECWCSパーカーとは・・・

ECWCSパーカー=米軍のゴアテックスパーカーと思う方が多いと思います。
しかし、それは完全な正解ではないのです。

ゴアテックスはゴアテックス社が作った素材です。

それを使ったパーカーなのでゴアテックスパーカーというのです。

まさにpatagoniaやnorthfaceのゴアテックスパーカーはこの素材を使ったジャケットなのです。

各軍のジャケット毎に表記が異なっており、GORETEX FABRICやPETFE LAMINATEと印字されていたり、GORETEXタグ等がついている場合もあります。

ではECWCSとは?

拡張式寒冷地被服システム、ECWCS(英: Extended Cold Weather Clothing System)は、マサチューセッツ州にあるアメリカ陸軍ネイティック研究・開発・技術・センター(英: the U.S. Army Natick Research, Development and Engineering Center)によって1980年代に開発された保護服システムである。

wikipedia

ECWCSとは寒冷地に対応する為の重ね着システムの事なのです。

LEVEL 0 ~LEVEL7まであり気候に応じて着脱します。

今回ご紹介するECWCSパーカーはLEVEL 6にあたります。

そして米海軍のECWCSパーカーのみフリースと一体化できるものになります。

NWU ECWCSパーカーをお勧めする理由!

米軍のゴアテックスパーカーの代名詞といえばウッドランドカモのパーカーだと思われます。

しかし、僕は米海軍のNWU ECWCSパーカーを押します。
その理由をご説明していきたいと思います

  1. ブルーのピクセルカモがカッコイイ!
  2. ライナーは専用フリース(一体化します)
  3. 市場に出回っている数が多い

では、さらに詳しくご説明したいと思います。

1.色がカッコイイ!

ブルーのデジタル迷彩が個人的に好きなのもありますが、一般的な迷彩であるウッドランドカモと違い、細かい青のグラデーションが垢ぬけた印象だと思います。

しかも細かい迷彩の中に海軍のロゴまで入っているところが実物ならではの良いところだと思います。

2.ライナーは専用フリース!

ライナーの専用フリースですが、このフリースはアウトドア用品として品質の高さを誇るPOLARTEC製なのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

US.NAVY.ブラック、フリースジャケット(新品)A31BN
価格:9800円(税込、送料無料) (2020/2/16時点)




登山などのハードなアウトドアに欠かせないブランドのアイテムが支給されるあたりがさすが米軍です。そして、陸海空・海兵隊の中で唯一ECWCSパーカーとライナーのフリースがジッパーで一体化できるのは海軍のものだけなのです。
これはかなり便利で、真冬はフリースと一体化したECWCSパーカーをさっと羽織るだけですぐに外出できます。

なぜか同じ第3世代とよばれるECWCSパーカーのなかで唯一海軍のものだけこの機能が備わっています。
NWU TYPE-1(ブルー)、NWU TYPE-3(グリーン)のECWCSパーカーどちらも着用可能です。

注意点ですが海兵隊や陸軍もPOLARTEC製フリースを採用しているようですが、海軍のものと互換性があるか不明です。

3.市場に出回っている数量が多い!

NWU ECWCSパーカーは現行品なので市場に出回っている数が多く、良い状態、サイズのものに出会える確率は高いです。

ウッドランドカモやデザートカモの第一世代のものは廃盤品となっているので、状態、サイズ共に良いものはすぐ売れてしまうか、価格が高くなりがちです。

出回っている数が多いので、価格もそれなりにこなれています。

購入時に色々調べてみました。お店とネットだとだいぶ価格差がある場合もありますが、それなりに価格に収斂している感じがします。

4.一年で使える期間が長い

ecwcsパーカーは夏を除いて使用できる優れものです。

春はフリースを外して使います。
4月は中旬頃まで寒い日がありますので、スウェットやシャツの上に羽織ります。
5月は天気の良い日が多いので、着る機会は少ないかもしれませんが、6月の梅雨頃まで雨の日に活躍できます。

初夏から秋入口まではお蔵入りします。
ただし、このお蔵入り期間に洗っておかないと秋に着る時にカビが生えているかもしれないので、ご注意下さい。
※洗い方については後日、ご紹介したいと思います。

そして秋は10月頃から着ることが出来きます。
今は秋も暑い日があるので、中旬以降でしょうか。
ライナーのフリースを外した状態でTシャツの重ね着やスウェットの上に着ます。

11月に入り冷え込む日は中に厚手のスウェットやセーターを着ると良いかもしれません。
12月から3月に入る頃まではライナーのフリースも組み合わせ、セーターなどを着込むととても暖かいです。

ecwcsの名前通り、各季節にしっかり対応出来ます。
更にスノボ行く方はこのecwcsパーカーでバッチリ対応できます。
実際に昔第1世代のデザートカモのecwcsパーカーでスノボに行きましたが、全く問題ありませんでした。
かなり便利な一着です。

価格はどのくらい?

購入価格ですが感覚的なものになります。
 
①お店
古着屋、サープラス品を扱うお店
¥20,000~¥40,000位
サイズ、状態にもよりますが高いお店が多いです。
特に横須賀基地近くドブ板のお店は特に割高な感じがします。
(観光客相手価格でしょうか?)
メリット
・直接実物を見て状態を確認できる。
・試着ができる
・実物を見て気に入ったらすぐに手に入る
デメリット
・高い
・お店によって価格差がある
・店頭の商品にサイズが偏っている場合がある
 
②ネット
ヤフオク、メルカリ等の個人売買
¥13,000~¥25,000位
個人売買なので価格はマチマチです。
時期にもよりますが店頭より安く買えます。
お店ではあまり見かけない小さめのサイズも出品されています。
メリット
・安い
・小さいサイズが見つかりやすい
デメリット
・手に入るまで実際の状態がわからない。
・オークション等では予算をうわまわってしまい競り負けることもある
・サイズが合わない場合、返品ができない可能性が高い
ネットの場合は写真が多いもの、状態やサイズの説明があるものを探すといいと思います。
また出品者のサイズ感が書かれているとなお良いです。
 
別の記事にも書きましたとおり、ブルーのデジタル迷彩の制服が終了となるのでしばらくしたら数が減っていくかもしれません。

コメント

  1. 木下 より:

    昨年、CVN76に乗っている小柄な知人から、S-Sサイズを頂きましたが、ライナーのことまでは詳しく知りませんでした。何か付けれそうな作りでしたが、納得できました。早速調べて手配したいと思います。とても良い情報を
    ありがとうございました。

  2. 木下 より:

    昨年、CVN76に乗っている小柄な知人から、S-Sサイズを頂きましたが、ライナーのことまでは詳しく知りませんでした。何か付けれそうな作りでしたが、納得できました。早速調べて手配したいと思います。とても良い情報を
    ありがとうございました。

  3. あぶ より:

    コメントありがとうございます。
    ライナーのフリースを組み合わせるとかなり暖かいです。
    北海道とかでなければこれで冬を乗り越えられると思います。
    状態の良いライナーが手に入ると良いですね。

  4. 木下 より:

    ヤフオクで入手できました。
    SPE1C1-16-D-B005 0002 で程度も良い物でした。→2016年度ですね。
    セットしますと思っていた以上の重さになり、冬場の山歩きに使うには少々厳しいなと思いますので普段使いにします。(合わせて約1450g)
    では、失礼します。

タイトルとURLをコピーしました